読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekop's blog

OpenShift / JBoss / WildFly / Infinispanの中の人 http://twitter.com/nekop

Fedora 15インストール

fedora

Fedora 15がリリースされたので、会社で新調したラップトップDell Latitude E6320にインストールするよ。法人向けの13インチ。ちなみにこのラップトップは各種デバイスがかなり新しめのようで、Fedora 14ではインストーラVGAモードにしないといけなかったり、インストール後もネットワークデバイスを全然認識しなかったりという状態だった。

Fedora 15のインストール自体は全く問題なし。デバイスの認識も大丈夫。64bit版のLiveイメージをUSBブートして、ほぼOK連打で画面進めていくだけでおしまいなので何も書くことがない。

Gnome Shellによる新しいデスクトップは旧来のデスクトップとだいぶ感触が違うけど、自分は元々ほとんどウィンドウを立ち上げない、かつデスクトップにものを置かない使い方をしていたのでほぼ影響なし。Alt+Tabがウィンドウ単位の切り替えではなくアプリ単位の切り替えになったけど、これもFirefoxのダウンロードウィンドウとかに間違ってフォーカスするようなことがなくなって便利だと思う。すっきりしていて良い。

各種ソフトウェアも新しいバージョンが収録されていて満足。

以下こまごまとしたものを淡々と記録していく。

Gnome上でEmacsキーバインドを有効にする

gconftool-2 --set /desktop/gnome/interface/gtk_key_theme Emacs --type string

Gnome Shellがなぜかデフォルトで時刻のみ表示なので日付も表示する

gsettings set org.gnome.shell.clock show-date true

Firefox 4の終了時セッション保存を有効化

about:config開いてbrowser.showQuitWarningをtrueに設定

Firefox 4のマウスセンターボタンでクリップボードURLへの遷移を無効化

about:config開いてmiddlemouse.contentLoadURLをfalseに設定

Firefox 4のフルスクリーン時のauto hide無効化

about:config開いてbrowser.fullscreen.autohideをfalseに設定

Firefox 4のツールバーカスタマイズ

Bookmark Toolbar消去、CustomizeでSmall Iconをチェック。Search Boxを消すとCtrl+kがGoogleに遷移という挙動になってしまうのでとりあえず残す。

Alt+grave(`)にアサインされているキーバインドを修正する

Alt+graveは日本語を入力するibusのデフォルトトリガキーバインドの一つなのにも関わらず、Gnome Shellで新たにウィンドウ切り替えにアサインされててそっちが優先されてしまい日本語変換のトリガにならない。自分はAlt+grave以外のCtrl+spaceなどの他のアプリとかぶりまくって大変なデフォルトキーバインドは全部無効化してしまうので、Alt+graveが使えないというのはツライ。
というわけで直す。System Settingsを開いて、Keyboard, Shortcuts, Navigationの順に辿る。"Switch windows of an application"という項目があり、"disabled"となっているが実はこれは正しい表示ではなく、実際にはAlt+graveにアサインされている。これを適当なものにアサインしなおしてから、もう一度選択してBackspace押してdisabledにするとAlt+graveのアサインが無効化されてibusに渡るようになり、日本語入力のトリガとして使えるようになる。

/etc/X11/xorg.conf.d/10-evdev.confを作成してマウスのセンターボタンクリックスクロールを有効化

Section "InputClass"
        Identifier "evdev pointer catchall"
        MatchIsPointer "on"
        MatchDevicePath "/dev/input/event*"
        Driver "evdev"
        Option "EmulateWheel"        "on"
        Option "EmulateWheelTimeOut" "200"
        Option "EmulateWheelButton"  "2"
EndSection

TouchpadがTouchpadとして認識されていない

マシンにはトラックポイントとTouchpad(トラックパッド)が両方あるのだけど、設定を見るとポインティングデバイスが一個しかないことになっている。Touchpadも基本的には動くのだけど、Touchpadとして認識されていないのでエッヂスクロール(端っこなでるやつ)とかが設定できない。Touchpadの無効化もできない。

あとで調べる。

https://bugzilla.redhat.com/show_bug.cgi?id=590880

今普通になおってるのでもう気にしない。

普通にShutdownするとハングする

ログインしている状態でShutdown発行するとハングする。Gnome Shellが絡んでいるっぽい感じで、一旦ログアウトを選んでからシャットダウンすればよい。たぶんアップデートですぐ直るんじゃないだろうか。

あとで調べる。

http://www.fedoraforum.org/forum/showthread.php?t=260682

やっぱりすぐアップデートで直ったっぽい。

/etc/security/limits.confのnofileとnprocが低すぎるので上げておく

これやっておかないとJavaでヒャッハーするときに800スレッドくらいでOutOfMemoryError: unable to create new native threadとか言われる。

*		-	nofile		8192
*		-	nproc		8192

nprocのsoftが新規ログインで1024になったまま。あとで調べる。

調べた。nprocについては安全のために別のファイル /etc/security/limits.d/90-nproc.conf でデフォルトを定義している。

/etc/sysctl.confでネットワークバッファ上限上げておく

ヒャッハー

# Allow a 25MB receive buffer
net.core.rmem_max = 26214400
# Allow a 1MB send buffer
net.core.wmem_max = 1048576

インストールしたパッケージたち

"Virtualization"とかクオートしているものはgroupinstallしたやつ。

yum-plugin-fastestmirror
git
subversion
cvs
emacs
emacs-apel
flim
w3m
emacs-w3m
java-1.6.0-openjdk\*
ack
man-pages
xchat
libreoffice-writer
libreoffice-calc
libreoffice-impress
"Development Tools"
"Virtualization"
rpmdevtools
telnet
mtr
mock
tmux
wireshark-gnome
autofs