読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekop's blog

OpenShift / JBoss / WildFly / Infinispanの中の人 http://twitter.com/nekop

openshift-ansibleとVagrantでOpenShift Origin v1.1のAll-in-one環境を構築する

この投稿はOpen PaaS Advent Calendar 2015の9日目の記事です。

openshift-ansibleとVagrantでOpenShift Origin v1.1を構築するでは3台構成のOpenShiftを構築しましたが、ちょっと試すだけなら3台も要らないよね?ってことで1台の構成を作ってみましょう。1台であればメモリももうちょっと割り当てられますし。

手順は前回とほぼ同じなのですが、vagrant upの前にこの環境変数をexportしておきます。

export OPENSHIFT_NUM_NODES=0

0という指定は若干奇妙ですが、masterノードのみセットアップします。masterは実際にはnodeサービスも同居して動作しているので、All-in-one構成として利用可能です。masterのnodeサービスはschedulable=falseになっているので、trueに変更したまま運用します。

vagrant up --provider=libvirt --no-provision
vagrant provision
vagrant ssh master
sudo oadm manage-node ose3-master.example.com --schedulable=true
sudo oadm registry --selector=kubernetes.io/hostname=ose3-master.example.com --credentials=/etc/origin/master/openshift-registry.kubeconfig --service-account=registry
sudo oadm router   --selector=kubernetes.io/hostname=ose3-master.example.com --credentials=/etc/origin/master/openshift-router.kubeconfig   --service-account=router
sudo vi /etc/origin/master/master-config.yaml
# Change the subdomain value as follows:
#   subdomain:  "apps.192.168.100.100.xip.io"
sudo systemctl restart origin-master

これで1台構成のOpenShiftができあがりますので、そのまま遊べます。

f:id:nekop:20151215131341p:plain