読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekop's blog

OpenShift / JBoss / WildFly / Infinispanの中の人 http://twitter.com/nekop

Fedora 22 WorkstationのLive USBで作業用サーバ

Fedora 22 WorkstationのLive USBはいつも使うので持っているのだけど、ちょっと作業用のサーバを作るのに使ったらインストーラでインストール内容がカスタマイズできないようで困った。今回の用途はsshして使うだけなのでGUIは必要ない。

ちょっと調べたけど手軽な方法は見当たらなかったので、素直にGUI込みでインストールしてCtrl-Alt-F2でtty2を開いてログインし、昔の用語で言うところのデフォルトのrunlevelを変更してGUIを無効化する。今はsystemdが起動時にどの依存関係を起動するのか、がrunlevelに相当する。

sudo systemctl set-default multi-user.target

これでGUIが起動しなくなる。

デフォルトがgraphical.targetで、multi-user.targetが名前が直感的ではないけどいわゆる普通のテキストモードだ。この名前はたぶんシングルユーザモードであるrescue.targetからきている。

tty2からsshdだけstart/enableしてGUIログイン画面でてるけど画面は気にしないで放置、というのもアリだけど使ってないものが動いてるのも微妙だしね。