読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekop's blog

OpenShift / JBoss / WildFly / Infinispanの中の人 http://twitter.com/nekop

Fedora 16でシステムトレイアイコンをカスタマイズする

fedora

アクセシビリティアイコン('a11y')を削除、xchatの常駐('xchat')をGNOME ShellのIcon Manager Extensionで実現する。

sudo yum install -y gnome-shell-extension-icon-manager
# 自分は利用するExtensionがIcon Manager一個だけなのでそのままset
gsettings set org.gnome.shell enabled-extensions "['icon-manager@krajniak.info']"
gsettings set org.gnome.shell.extensions.icon-manager top-bar "['a11y', 'xchat']"
# Alt+F2, rでGNOME Shell再起動

もしかしたらxchatでEnable system tray iconしないとダメかも。

もちろんgsettingsの編集にはdconf-editorとかgnome-tweak-toolなどのgsettingsのGUIフロントエンド使ってもいいよ。

社内でGNOME Shellになってからxchatの通知が自動的に隠れてしまってたまに見逃して困る、という人が居たので調べてみた。ついでに要らないアイコンを消せたので自分も使ってる。